> > ダメ出し道場バックナンバー
シェリーマリエ

はじめまして。おちゃのこネットのカスタマイズがよくわからず、買い 物がしにくいのが悩みです。トップページが文字しかないと言うことを、 お買い物ガイド的なフッターが用意されていないこと、そしてカート画面のフッターにもお買い物ガイドを入れたりしたいです。

現状、とてもカゴ落ちが多いと思いますので、回遊性を高めつつ、カゴ落ちしないようにいろいろ工夫していきたいです。ダメ出しされることに抵抗はありませんので、バンバンページ斬りお願いします!ちなみに、創業20年目のウェディンググッズショップとなります。

それでは「ダメ出し!道場」スタートです!(^^;)

第一印象…PCサイトは良いがスマホサイトがダメ、でもそれよりも…


EC仙人 太田

まず、PCサイトに関してはそつなく、基本的なことは網羅されており、何のお店か、どんな商品があるかなど、ターゲットである「結婚式を控えているカップル(主に女性)」にとってわかりやすいサイトだと思います。

一方、スマホサイトはダメ! 同じ人が作ったとは思えないほど…。
トップページは看板画像以外は文字表示のメニューだけで魅力もなく、店名以外、何のお店かすらわかりにくい。

おちゃのこネットの旧式のモバイル対応機能で作られており、カスタマイズができていないなど、後ほどの電話インタビューでこの辺の事情も見えてきますが、今の市場を考えればスマホサイトのリニューアルが急務であることは間違いないと思います。

「ダメ出し!道場」申し込みのコメントにもありますが、シェリーマリエさんはまずは優先度の一番としておちゃのこショップのページカスタマイズに悩んでおられる様子ですが…

それよりも、気になった点があります。
↓↓↓↓↓
------------------------------------------------------------
「ダメ出し!道場」の原稿を書く際にはまず、そのお店や会社について一通り検索して調べるのですが…「シェリーマリエ」で検索すると、なんとこんなにたくさんのサイトを運営されているんです!
ネットショップだけでも8店舗! SNSサイトも合わせれば16サイト(もっとあるかもしれません)。

おちゃのこ店
http://cheri-mariee.ocnk.net/
本店
http://www.tedukuri-wedding.com
シェリーマリエ FuterShop 店
http://www.cheri-mariee.jp
楽天店
https://www.rakuten.co.jp/cheri-mariee/
Yahoo!ショッピング店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/kawaiihanayome/
BASE店
https://kekkon.thebase.in/
WIX店
https://cherimariee.wixsite.com/nuigurumidress
Creema店
https://www.creema.jp/creator/571316/item/onsale
twitter
https://twitter.com/kawaiihanayome
Facebook
https://www.facebook.com/cheri.mariee.wedding
Instagram
https://www.instagram.com/kawaiihanayome/
Pinterest
https://www.pinterest.jp/kawaiihanayome/
Blog
http://tedukuri-wedding.com/blog/
AmebaBlog
https://ameblo.jp/tedukuri-wedding/
Youtube
https://www.youtube.com/user/cherimarieewedding
LINE@
https://page.line.me/xjp7365r

これだけのサイトやコンテンツを管理・更新するだけでも、大変な労力と時間がかかることは想像に難くありません。この時点で私はてっきりシェリーマリエさんは何名かのWEBスタッフを抱え、組織立ってサイト運営をされているものとばかり思いながら店長さんにお電話をしたのですが…
↓↓↓↓↓
インタビューに続く

インタビューで浮き彫りになったこと…スーパーマン店長さん!


EC仙人 太田

店長の土橋さん(女性)にお電話して、ビックリ!
なんとシェリーマリエさんはこれだけのサイトを店長さん1人で運営さ
れているのです!

私も20年近く、ネットショップのコンサルをやっていますので、今まで何人ものスーパーマン店長さんたちに出会って来ましたが、一人きりでこれだけのサイトの運営をされている方はなかなか思いつきません。

聞けば土橋さんはご自身の結婚された1996年、手作り結婚式に必要なグッズやアイテム探しに苦労されたのをきっかけにネットで情報発信(今でいうブログやまとめサイトの走り?)。98年ころにはカート機能を備えたネットショップとしてウェディング小物事業をスタート。

そこから20年間、お客様に使いやすいショップ(特にカートの機能)を求めていろいろな試行錯誤を繰り返して現在に至るとのことでした。

(現在の売上事業規模に関しては守秘義務でここには書けませんが、お一人としては十分であろう収益をあげておられるようです)

始めたころは今のようにスマホもなければ、便利なアプリもなく、独学でHTMLやCGIなどホームページを構築するためのIT技術を学び、新しいシステムやサービスができれば、とにかく試してみたとのこと。

個人事業ゆえ資金は乏しく、できるだけ無償や安価なものを努力で活用してやって来られたようです。その中で、とにかく使いやすくカスタマイズできるレンタルカートを探していて「おちゃのこネット」にたどり着いたのだそうです。

言い換えると、ネットショップを開くためにおちゃのこネットを見つけたのではなく、「本店サイトで使いやすいレンタルカートはないか?」で、おちゃのこネットを見つけ組み込んで使ったのが最初だという、多くのおちゃのこショップさんたちとは申し込み目的が違うお店です。

おちゃのこカートをカスタマイズして自社ページに組み込んでいる例
↓↓↓↓↓
http://www.tedukuri-wedding.com/mall/bear/baby/leda/order_made/

---------------------------------------
お電話でお話ししていると、とにかくネットショップやネットそのものへのリテラシーが高い、とてもクレバーな土橋さん、20年のキャリアは伊達ではありません。

でもしかし…
ベテラン、スーパー店長さんであるがゆえ、自分で勉強して何でも自分でこなしてこられ、「とにかくやってみる!」の姿勢が仇となって現在の他サイト運営広げ過ぎで「肝心」なことができていない状況になっているようなのです。

ここでパソコンを軽トラ車に例えてこんな話をさせていただきました。

軽トラック車を1台持っていたAさんが独立開業して運送業を始めたとします。Aさんは運送業に向いた能力(運転が上手い、道に詳しい、荷扱いや梱包に長けている、その他営業力など)も高く、業績は右肩上がりで伸ばして来ました。

トラックも、軽トラ1台から、2トン車、大型トレーラー、冷凍車なども購入し、運送量を増やしてきました(でも相変わらず一人で運営)。

またAさんは運送業のノウハウだけでなく、エンジンや足回りなどトラックのメンテナンスの技術も独学で身に付け、車の整備も自ら行い、外注費などは極力使わずにやってきました。

その結果、何台ものトラックのメンテナンスや目的(物・顧客)によってトラックを使い分ける労力や手間、時間が増えてしまい、本来やるべき営業活動、販促活動ができなくなっています。

なんでも自分でやりたいので、スタッフ・従業員を雇うこともせず、数多くのトラックも宝の持ち腐れ状態。

今のシェリーマリエさんは正にそんな状態ではないかと感じました。

トラックのメンテナンスは本来Aさんのするべき仕事ではないですよね。

経営者として、技術的なことを知らないよりは知っているほうが損はしないかもしれませんが、土橋店長さんが本来優先してやるべきことは、HTMLやCGI、JavaScriptの勉強よりも、商品開発、商品探し、企画やマーケティングなどのはずですね。

サイトもそれぞれ管理画面やルールが違うのでそのつど勉強し、試行錯誤する時間もかかっているはずですね(車の種類が違うと車種ごとに技術を学ぶ時間が必要)。

一度広げ過ぎた店舗やサイトを見直して、「戦略的プラス思考」だという発想で、あえての一部サイトの閉鎖・撤退も検討すべきではないでしょうか。無駄な労力と時間とコストを節約し、比較的効果の高いお店やサイトに経営資源とエネルギーを集中させるべきだと思いました。

特に楽天店などは、比較的高い出店料や課金もありますし、広告費をかけなければ出店しただけでは売れにくいマーケットですので、現状で売上があまりないようであれば一旦撤退することも検討すべきでしょう。
その他のサイトも更新労力に見合わない売上、集客状況であれば、同じく一旦閉じて、まずは店長さん自身の身体と時間を身軽にし、「余力」を生み出しましょう。

具体的なダメ出しポイント(抜粋)


EC仙人 太田

まずは、モバイルサイトの件ですが…スマホ全盛の現在においては早急にPC←→スマホ自動切換えできるレスポンシブ対応サイトに変更するべきでしょう。

詳しくは下記おちゃのこネットFAQを参照したり、おちゃのこサポート
へお問合せ相談ください。

Q. テンプレートの利用パターンとレスポンシブデザインテンプレート利用条件
http://www.ocnk.net/faq/index.php?action=artikel&cat=281634&id=1125

Q. テンプレート選択(スマートフォン版HTML5テンプレート)
http://www.ocnk.net/faq/index.php?action=artikel&cat=281633&id=1134

おちゃのこサポート お問合せフォーム
https://www.ocnk.net/contact/

-------------------------------------------
また…お電話でインタビューしてわかったことですが、シェリーマリエさんでは、お客様の愛着のあるぬいぐるみに合わせたオリジナルの衣装が主力商品として人気、実績ともあるとのことだったのですが、

下記ページ
http://cheri-mariee.ocnk.net/product-list/2
の下の方にある

バナー1
http://www.tedukuri-wedding.com/topimage/title-banner/title-osukina.jpg
「お好きなぬいぐるみがウェディングドールに」(外部自社サイトへリンク)

バナー2
http://www.tedukuri-wedding.com/mall/bear/toppage/kisekae-title.jpg
「ギフトに人気 お好きなぬいぐるみをウェディング姿に…試着サービスは当店オリジナル」

など、その肝心の主力商品がトップページでは十分にアピールされておらず、もったいないです。競合他店とも差別化できるシェリーマリエさんの【強み】のはずですので、トップページ上部にバナーを配置し、バナーをクリックした先のページで「上部に商品概要」を、「下部には商品一覧」をという構成にして、お客様への導線・ガイドをわかりやすくすべきです。

-------------------------------------------
上記バナー2「…試着サービスは当店オリジナル」は下記ページ
http://cheri-mariee.ocnk.net/product-list/17
にリンクしていますが、そこに行っても「試着サービスとは?」の情報がないのでがっかりしてしまいます。
土橋店長にとっては当たり前になっている「試着サービス」も、お客様にとっては「ぬいぐるみの衣装の試着って!?」とすぐにはイメージしにくいことですので、できれば上部に説明の上で一覧表示したいですね。

------------------------------------------------------------
その他…ドール類の衣装サイズには手のひらサイズのSサイズ
http://tedukuri-wedding.com/blog/wp-content/uploads/2016/06/IMG_1905-620x465.jpg
から、特大サイズ
http://www.tedukuri-wedding.com/mall/bear/kisekae_bear/tokudai/tedbear/IMG_5169.jpg
まであるようですが…

一覧ページの時点ではサイズ感がわかりませんので、上部説明に大体のサイズ説明を入れたり、一覧サムネイル写真でメジャーを入れたり、比較物でなんとなくわかるよう工夫する。また商品名にも
「ドレスSサイズ(プリンセスリボンレース)約10cm」
「タキシードLサイズ(アスコットタイつき・グレー)身長26〜3cm用」
のように入れるなど、大体のサイズ感は各商品ページまで行かなくとも一覧ページの時点でわかるようにしたいですね。
なぜなら一覧ページはお客様の行動の起点となるページだからです。

総評

20年間に渡るほぼ一人での運営、豊富な情報量、商品数も2000アイテムを超え、一点一点細かなことを言えばいくらでも改善の余地はあるとは思うのですが…それはコツコツと改善していただくとして、

この間にスマホが普及し、メールマーケティングが衰退し、SNSやアプリが世の中に浸透・定着・一般化し、ネットショップだけ見ても大きな変化が起こってきています。

特にウェディング業種の特徴としては、リピーターの期待しにくい一見さんビジネスで、ターゲットは比較的若く、スマホとSNSに浸り育って来た世代。これからますますその傾向は高まるでしょう。

一方で、ウェルカムドールのオリジナルの衣装製作や、事務所をイメージの良い青山に構えたりとブランディングも怠らず、
「ウェルカムドール用衣装専門店」
https://cherimariee.wixsite.com/nuigurumidress
など、【強み】に特化したチャレンジも行うなど、ビジネス面での取り組みも積極的な土橋店長さん。

今後は例えば【強み】を活かし、なおかつリピーターも期待できる「ぬいぐるみ用コスプレ衣装専門店」(ウェディング以外の衣装製作)など、新規市場、事業への可能性も強く感じます(土橋さん自身もすでにそのアイデアはお持ちのようでした)。

ただ、いずれにしても、新たなことをやろうと思った時に土橋さんご自身の「時間的余裕がない」ことがボトルネックになるのは明らかです。

先に述べました、広げ過ぎたサイトの閉鎖や撤退と、単純作業、事務的作業などを任せるスタッフの採用や外注化など、業務の見直しも含めて経営者としての「余力」を生み出すことが最優先課題であると感じました。

20年間のECサイト運営の豊富な知識と経験は、きっと今後遭遇する場面・シチュエーションにおいて精度の高い判断をさせてくれるはずです。

私の20年の経験からも、このお店というよりも、この経営者さんには大きなポテンシャルを感じました。ぜひ一度お会いしてブレストしながら今後の方向性など相談していただければと思います!

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。