> > ダメ出し道場バックナンバー
ガーデニングのお店『ハルカインザグリーン』

はじめまして。ガーデニングのお店ハルカインザグリーンです。
おちゃのこさんからのメルマガはダメ出し! から読むこちらのコーナーのファンのひとりです。
当方、一人で管理するには広すぎる実店舗とウェブショップを運用しており、春・秋は睡眠時間を削って作業をしている状態です。
が、どちらも中途半端で、どこから手をつければ、よくなるのか、真夏で時期が悪く判断しづらいかとは思いますが、何卒よろしくお願いいたします。
渡辺 美香

全国的に寒さも本格化し、ニュースでも「雪で東京が大変!」などと報道されていますが、毎年の事ですが、都会は雪に弱いですよねぇ〜。
私は広島の出身なので雪国育ちではありませんが、数センチの積雪であれほど大騒ぎはしなかったと思います。

考えてみれば、東京都心は、木々の緑や、河川、公園に土はあれど、すべてが人工のものや、人が工事して整えたもので、まったくの手付かずの「自然」は空だけですね。
突然、空から「雪」という大自然が訪れるだけで右往左往、立ち往生するのは、都心に暮らす人々があまりに自然に鈍感になり過ぎているためではないでしょうかね。

私の家は徒歩3分で鹿や猪の住む山の中に入れる田舎ですが(苦笑)

とは言え、私も学生時代は千代田区に数年住んでいましたので、都心から手付かずの自然のある場所に行くだけでも一苦労なのは知っています。

山を見に行くにも、自然の砂浜を見に行くにも2時間近くかかりますね。大阪や名古屋などでも中心部に住めば1時間近くはかかるでしょう。自然に触れることは、なかなか容易ではないですよね。

だから、多くの都市生活者は、せめて家の庭や、マンションのベランダでも小さな自然に触れ合いたい気持ちで、ガーデニングで緑や花を楽しむことを求めるのではないでしょうか!?

今回は、そんな、ガーデニングのお店です!

それでは「ダメ出し!道場」第29弾スタートです!(^-^)

第一印象とにかく商品画像がダメ!


EC仙人 太田

いつも楽しみにしていただいてありがとうございます! また夏から今まで、大変長らくお待たせをいたしました!
では、早速ですが厳しくダメ出しさせていただきます!(^^;)

う〜ん! 色が…
色が…暗くてどんよりしています。
花の鮮やかさ、華やかさが画像の悪さで台なしです!
あー! もったいないっ! (>_<)

「HARUKA in the green ひとつずつ心を込めてお届けします」の看板画像も、その下のバナーも、各商品のサムネイル画像も全体的にどんより暗くて、鮮やかさがありません。

下記、ちょっと、明るさと彩度だけ修正してみましたのでご覧ください。
http://bit.ly/w4wYHe
上半分が元の状態、下半分が明るく鮮やかにしたものです。

乱暴に全体を修正しただけで、やや極端な加工かも知れませんが、明るく鮮やかな方が良いという雰囲気はわかっていただけると思います。曇り空で見る花と、晴れの日に日光の当たる花の違いのような感じです。

本当は一つ一つの画像を明るく鮮やかに撮影し、加工したい所です。

商品画像へのダメ出しは、この「ダメ出し!道場」が始まって以来、毎回のように言っている気がしますが、ホントによい商品を持ちながら写真一つでお店の雰囲気を暗くし、商品を悪く見せてしまっているお店が多いんです。

貴店もまさにそれ! あぁ〜、もったいない! (>_<)

しつこいようですが、今日も言います!

商品の現物を手にとって目の前で確認できない通信販売において、購入の意思決定をする上で、最も重要なポイントは商品画像です!

触われない、匂いもわからない中で、お客様に「欲しい! 買いたい!」と思わせられるかどうかは「見る」ことだけで行わなければなりません!

「商品画像の手抜きは即、売上(注文率)に影響する!」

これは、オンラインショップうんぬんよりも、むしろそれ以前の「通信販売業」の常識なのです!

高度なHTMLタグやCSS、JavaScriptなどを勉強するよりも、オンラインショップがまず最優先で勉強して習得すべきことは、写真撮影と画像加工のスキルです!

業種にもよりますが、商品写真が良くなるだけでも注文率(転換率)は格段に良くなるものです!

だからといって、十万円も二十万円もするような高価な一眼レフやプロ写真家が使うような照明器具は不要ですよ! 2〜3万円の普通のデジカメと(机に乗るサイズの商品なら)市販の蛍光灯の電気スタンド照明の2台もあれば十分です。ソフトは PhotoShop LEなどの初心者向け画像加工ソフトがあればOK!プロ用のバージョンなんて要りません。
100ある機能のうち3〜5くらい覚えれば、オンラインショップの画像加工なんてできちゃうんです!

変に、教則本を買って1ページ目から順番に覚えて…なんてやると、途中でウンザリ、挫折しちゃいます。コツを知ってる人に聞いて覚えればいいんです! 半日も教わればすぐにできるようになります!

商品写真の上手な先輩ネットショップさんに菓子折持って「教えてください!」とお願いに行くも良し!(多分かなりうっとおしがられますが…(笑))
そう言う「アテ」がない方は、どうぞこちらへ!(^^;)

↓↓↓↓↓
──(PR)以下宣伝です! ───────────────
マンツーマンで貴店の商品で撮影・加工研修します!
交通費や宿泊費出してもらえば全国どこでも行きます!
http://www.style-e.com/photo.html

今まで、宣伝は控えめにしていましたが、商品写真が残念なお店がこうも続くと、ちょっと積極的に宣伝しちゃいます!

『おちゃのこメルマガ見た!』と書いてくれれば通常52500円のところ40%OFFの31500円でOK!です! 但し、他店さんと2店舗一緒になるかもしれませんがご了承ください。(こちらから出張の際は10%OFF)

──(PR)以上宣伝でした! ───────────────

すみません! 勢いで宣伝しちゃいましたが、(^^;)
要するに半日、プロに教わればできる程度のことなんですよ!(ただし、写真のプロではなくネット販売のプロ)

それをやっていないために、オンラインショップとしてのクオリティが低いままで、大きな損を出し続けているということを自覚してください。

例えるならば、キレイなお花を、あえて年中曇り空の日陰の暗い売り場で売り続けているようなものです。あー! もったいない! もったいない!(>_<)

基本部分


EC仙人 太田

お店の商品、商品説明、サイト構成など基本部分は十分に合格点! のお店だと言えます。品数も多く、花や植物だけでなく、鉢やネットなど資材も豊富で専門店であることは十分にうかがえます。

ですが…

お店の強み・付加価値が…見えない


EC仙人 太田

お花や植木だけでなく、ガーデニングのお店でもあるはずなのに、残念ながらガーデニングの要素は園芸資材だけで、「庭を作りこむ」部分の提案やノウハウがほとんどないのが残念です。

かろうじて、左メニューの下部に「■店主が植栽しました!」としてcafe_catty gardening というリンクがあるのですが、こういった正にガーデニング(庭を造りこむ)提案や事例がないのは、プロショップとして片手落ちです。

現状では、単なる素材屋さんなので、お客様にとって、品揃えと価格だけで判断されるお店になっています。

冒頭でも申し上げましたが、多くの都会生活者は、マンションのベランダや小さな庭で、小さな自然を感じたいのです。でも、それはただの鉢植えや寄せ植え単品であれば近所の花屋さんで買えば事足りるのではないでしょうか?

お客様が買いたいのは花?それとも…


EC仙人 太田

お客様がわざわざネットで探して買う動機をもう一度考えてみましょう。

できるだけ安い花や鉢植えや寄せ植えを買いたい!

本当にそんなお客さまばかりでしょうか? またそんなお客様ばかりを相手に商売したいですか?

お客様は自分のガーデニングセンスが完璧で、買いたい素材だけを探しているのではないと思います。素人だからこそ、どう組み合わせたりどう飾り付けたら良いかがわからないのです。お客様自身も気づいていないかも知れませんが、花単品そのものよりも、飾りつけや寄せ植えのデザインやセンスを購入したいのではないでしょうか?

言い換えるなら、買いたいのは「花」よりも「渡辺店長のガーデニングセンス」なのではないでしょうか?

そう考えると、お客様へのアプローチも、他の方法が考えられるかもしれませんね! 花や植物の種類別、だけでなく…

例えば…
マンションのベランダか自宅のお庭か?
(広さは)1平米なのか10平米なのか? どんな形状なのか?
予算はどのくらいなのか?
それによって提案の仕方も変わるのではないでしょうか?

サンプル(事例)として
マンションのベランダ1m×2mでできる「プチバラ園」の提案とか、1m×3mのミニイングリッシュガーデンでアフタヌーンティーを! とか…
賃貸のアパートでベランダすらないけど、20cm×1mの出窓に箱庭が欲しい!
20坪の庭に本格的イングリーッシュガーデンを植栽して欲しい…
などなど、大から小まで、さまざまな事例、サンプル提案が、あればあるほど多くのお客様を捕まえられるような気がします!

花が欲しい! んじゃなく、「そのお庭! 我が家にも作りたい!」と思わせたら、他店と単純な価格比較で利益の少ない注文ばかり…から脱却できる可能性が出てくると思います。

総評

写真・画像加工を除けば、オンラインショップ運営の基本スキルはお持ちなので、まずは画像を良くしつつ、植物素材屋さんから、本当のガーデニングショップへのレベルアップを期待したいと思います。恐らく渡辺店長の本当になさりたい商売はそこにあると思います!(^-^)

貴店の詳しい事情や状況も聞かない上での勝手な推測による提案ですので、現時点では実現難易度はわかりませんが…

撮影・画像加工研修だけでなく、ぜひガーデニングショップの中身のご相談もいただければ一緒に良いアイデアが色々生み出せそうです!(^^)

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。