> > ショップ事例バックナンバー
ブランドエックス

・貴ショップを自己紹介ください。

当SHOPは、1988年より東京・池袋にてROCK専門の音楽ソフト販売をしているお店です。主に、インディーズ・バンドの音源等を“専門店ならではの品揃え”をモットーに取り扱い、販売しております。メジャー・デビュー、未来のロックスターを目指すインディーズ・バンドを応援しているSHOPです。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

以前は、インディーズの商品は、自主制作盤という性質上、専門店のみの取り扱い(バンドさんの商品持ち込み等)ということが多かったのですが、現在では、インディーズの商品も取り扱い店(WEB SHOPを含む)が増え、以前に比べ、お客様が商品を入手し易い環境になってきました。その為、当店では、実店舗、WEB SHOPにかかわらず、商品ご購入のお客様に、オリジナルの特典物(ポスターや生写真等)をお付けしたり、ご購入者を対象としたイベント(バンドさんを招いてのサイン会等)を開催し、当店をご利用のお客様には、商品購入時にプラスαを感じて頂けるように努めております。当店の場合は、WEB SHOPを雑誌の出稿に代わる商品カタログとして、通信販売は勿論のこと、ご来店による商品引渡し予約の窓口としても使用し、さらに新商品の情報やバンドさんの情報、さらにイベント開催情報等の実店舗の情報発信のツールとしての役割も持たせ、実店舗との連携を図っているつもりです。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

当店の場合は、実店舗のOPEN時より、ROCK専門誌などの全国誌への出稿をしていますので、その紙媒体にURLやQRコードを記載し、宣伝しております。インターネットでの広告は、今のところ何も行っていないので、これからの課題としておりますが、現状では、バンドさん、バンドさん所属レーベル、レコード会社、LIVE HOUSEや音楽の情報サイトからLINKをしていただいており、そこからも多くの方にいらして頂いております。

ブランドエックス
ショップ写真

スタッフコメント

アイテムを絞り込んだショップ運営は、ネットショップの王道ですね。実店舗での長いご経験をもとに、「イベント開催情報」や「リリースカレンダー」などのコンテンツを用意されたと思いますが、こうした取り扱い商品に関わるあらゆる情報の提供は、ますますそのショップサイトへのスティッキネス(粘着性=常連性)を高める重要な要素です。一方、わざわざフリーページで作成された「ショッピングガイド」は実に親切ですね。(本来は、おちゃのこがご用意すべきかもしれませんが。)注目は、音源販売希望者に向けてのお問い合わせフォームも用意しておられるところ。いわゆる、商品の仕入れについてショップサイトでPRされているわけですが、ショップサイトへ来られる方の属性を考慮すれば、実に理にかなっています。なお、この業界では雑誌広告が昔から常道のようですが、キーワードを思いっきり絞り込めますので、今後はPPC広告などネットを介しての集客が期待されるところでしょうか。ご協力有難うございました。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。