> > ショップ事例バックナンバー
DadGearショップ

・貴ショップを自己紹介ください。

アメリカコロラド州デンバーより直輸入のダイパーバッグ(=おむつバッグ)を扱う専門店。日本では、同バッグを取扱うオンリーワンネットショップです。当店商品のブランドであるダッドギア、デイジーギアの総輸入代理店。日本では、ベビー用品を入れる外出用バッグを一般的にマザーズバッグやママバッグと 呼んでいますが、当店店名の一部でもあるダッドギアのバッグは、「パパによるパパのためにデザインされた育児バッグ」がコンセプトの、スタイリッシュで機能的なパパ用育児バッグ、名付けて『ファザーズバッグ』です。本格的なメッセンジャーバッグタイプや、スポーツバッグ、バックパックタイプ等のタイプと豊富なデザイン・カラーバリエーションがございます。デザイン・カラーを変えたママ向けが、デイジーギアです。

パパ用・ママ用のバッグ以外の用途(例えば、PCバッグ、ジムバッグetc)でもOKのカジュアル&スポーティーなバッグです。

「パパの子育て参加」は、スマートに格好良くの風潮が強くなってきています。ちょい不良オヤジではなく、素敵な「ちょいモテパパ」を応援するギアとして、ファザーズバッグを広めて行きたいと思います。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

当店のバッグはスタイリッシュと自負していますので、文章ではなく、画像を多用しスタイリッシュなサイト作りを目指しています。テンプレートを少しずつでもカスタマイズするよう心がけております。実際の運営面では、在庫切れの場合、輸入品のため入荷に時間がかかるケースもありますが、出来る限り早い納品に努めております。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

低予算ではありますが、アドワーズ広告を出しております。しかしながら、一番集客ならびに売上げに結びついているのは、積極的なプレスリリース等による営業活動です。商品に関連する出版社等に直接アプローチし、インフォーメーションコーナーでの商品告知や読者プレゼントコーナーへの掲載、新聞関係誌でのプレゼント提供等を積極的に行う事により、ショップ・商品のPRをしています。(意外に簡単に掲載されたりもします。)プレゼント商品の提供程度なので、多額の広告費はもちろん使いません。メディアへの掲載によって、有名小売店等へのアプローチも可能となります。

DadGearショップ
ショップ写真

スタッフコメント

「パパによるパパのためにデザインされた育児バッグ」がコンセプトの、スタイリッシュで機能的なパパ用育児バッグ…とは、いいところに目を付けられましたね。こういう商品開発的発想は、今後のネットショップ運営には必要かと思います。

そして、注目すべきは日本で唯一のダイパーバッグを扱う専門店であること。まず自分がその商品に惚れ込み、製造元と直接交渉して販売権を得る。こういう情熱があればこそ、オンリーワンのショップができるというものです。そして、この商品を扱うことになった経緯がちゃんと掲載されているのは、消費者の信頼と共感を得るのにとても重要ですね。また、プレスリリースによる積極的な広報活動も、オリジナルな商品だからこそではないでしょうか。

サイトのイメージも、すっきりしたデザインで好感度大。また、大きめの商品画像をふんだんに使った商品解説もとても判りやすいです。英語版ではありますがビデオもあるところなど、更に消費者の理解度を高める工夫は参考にしたい点ですね。

おちゃのこユーザー様向けの配送サービスについては、既に数社の配送関連企業と検討に入っておりますが、残念ながら満足の行くシステム構築にはまだ至っておりません。ただ、これはいずれ実現したいと考えておりますので、それまでお時間いただければ幸いです。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。