メールマガジン/メールマガジンプラスの配信手順:過去の購入者

2018-04-04 15:38
STEP1

「管理画面」「マーケティング」「メールマガジン設定」画面に進んでください。
「新しくメールマガジンを登録する」ボタンをクリックしてください。

※画像内の赤・青・緑のアイコン・配信予約・開封数は、メールマガジンプラスでご利用いただけます。
メールマガジンプラスを利用するにはおちゃのこオフィスの契約が必要です。

メールマガジン登録画面が表示されます。
[配信区分]
[過去の購入者]を選択してください。
[配信予定数]には、配信対象の読者数が表示されます。
[過去の購入者]で条件を絞り込んでください。※STEP2を参照ください。
[配信対象]PC/携帯(スマートフォン)を選択してください。
[メール形式]テキスト形式/HTML形式/マルチパート形式を選択してください。


配信予定数について

配信予定数欄の「配信対象者一覧」ボタンをクリックすると配信対象者を表示できます。

STEP2

[過去の購入者]に配信を行う場合、メールマガジンプラスでは、条件の絞り込みが可能です。


購入期間

年月日で購入期間での絞り込みが可能です。開始日と終了日を設定してください。


購入回数or購入期間の累計金額or購入期間内1回の合計金額

購入回数、購入期間の累計金額、購入期間内1回の合計金額での絞り込みが可能です。
開始日と終了日を設定してください。
購入回数は、範囲指定(以上、以下)ができます。
購入期間内に何回購入したかが対象となります。

※購入回数、合計金額での検索について
「購入回数or合計金額」は、会員ID毎の集計結果から検索されます。
例えば下記のように同じメールアドレスで、会員としてログインされないゲスト購入とログインしての会員購入がある場合
ocnk@exsample.comのゲスト購入 1回
ocnk@exsample.comで会員での購入3回

購入回数 1回~1回の絞り込みで、ゲスト(ocnk@exsample.com)がヒットします。
購入回数 3回~3回の絞り込みで、会員(ocnk@exsample.com)がヒットします。
購入回数 4回~4回 ヒットしません。

購入期間内の累計金額の場合は、下限金額と上限金額を設定してください。
各受注合計金額:商品金額+送料+その他手数料を含む
購入期間内の全受注の累計金額が対象となります。

購入期間内の1回の合計金額の場合は、下限金額と上限金額を設定してください。
各受注合計金額:商品金額+送料+その他手数料を含む
購入期間内の1回の合計金額が対象となります。

絞り込み仕様について

購入回数、購入期間内の累計金額、購入期間内1回の合計金額の絞り込み仕様は、下記のようになっておりますので、お間違えないようにお願い致します。

購入期間:2012年6月1日~2012年6月30日、購入回数:3回、商品Aの場合

×期間内に商品Aを3回買った方
○購入期間内に3回購入し、3回の購入に商品Aが1つでも含まれる方

購入期間:2012年6月1日~2012年6月30日
購入期間内の累計金額:10,000円~50,000円

○購入期間内の全受注の累計金額が10,000円~50,000円の方

購入期間:2012年6月1日~2012年6月30日
購入期間内の1回の合計金額:10,000円~50,000円

○購入期間内に10,000円~50,000円の受注が1回でもある方

都道府県

都道府県で絞り込み可能です。
リストから選択し、「追加」ボタンをクリックしてください。
都道府県は、複数選択可能です。
選択から外す場合は、「削除」リンクをクリックしてください。


商品

カテゴリ、グループ、商品での絞り込みが可能です。
絞り込みを行う場合は、[商品での絞り込み]欄で[する]を選択してください。選択欄が表示されます。
[対象とする購入者]欄は、カテゴリ、グループ、商品は複数選択可能です。
絞り込んだ複数商品のいずれかを購入しているか、または全て購入しているかを[絞込み商品のいずれかを購入]/[絞込み商品の全てを購入]から選択してください。
[カテゴリorグループ]欄は、カテゴリの場合は、メインカテゴリ/サブカテゴリ/商品リストボックスが表示されます。

グループの場合は、グループ/商品リストボックスが表示されます。


メインカテゴリ、サブカテゴリ、商品または、グループ、商品から絞り込み「追加」ボタンをクリックしてください。
メインカテゴリ、サブカテゴリ、グループ、商品は複数選択可能です。
選択から外す場合は、「削除」リンクをクリックしてください。
選択時の対象商品については、下記の表をご覧ください。
選択対象商品
メインカテゴリ サブカテゴリ 商品 対象
メインカテゴリ選択 全サブカテゴリ 全商品 選択メインカテゴリに含まれる全商品
メインカテゴリ選択 サブカテゴリ選択 全商品 選択サブカテゴリに含まれる全商品
メインカテゴリ選択 サブカテゴリ選択 商品選択 選択した商品
グループ 商品 対象
グループ選択 全商品 選択グループに含まれる全商品
グループ選択 商品選択 選択した商品
STEP3
テキスト形式で作成する

[メール形式][テキスト形式]を選択してください。

テンプレートを利用する場合 ※メールテンプレートについて

メールマガジン過去の購入者向けテキスト形式で作成したテンプレートが[メールテンプレート]の選択リストに表示されます。利用するテンプレートを選択し「読み込む」ボタンをクリックしてください。

テンプレートを利用しない場合

テンプレートを利用しない場合は、[件名][本文]を入力してください。

埋め込みタグの表示について

埋め込みタグは、「埋め込みタグ」というリンクをクリックすると表示されます。
表示された埋め込みタグリストは、ドラッグして移動することも可能です。


メール区分によって利用できる埋め込みタグが異なります。
詳細は下記のFAQをご覧ください。
HTML形式で作成する
[メール形式][HTML形式]を選択してください。
携帯版でHTML形式をご利用の場合

※携帯メールアドレスで受信した場合、機種によってはHTML形式では正常に表示されない場合があります。
マルチパート形式でのご利用をおすすめいたします。

テンプレートを利用する場合 ※メールテンプレートについて

メールマガジン過去の購入者向けHTML形式で作成したテンプレートが[メールテンプレート]の選択リストに表示されます。
利用するテンプレートを選択し「読み込む」ボタンをクリックしてください。

テンプレートを利用しない場合

テンプレートを利用しない場合は、[件名][本文]を入力してください。
画像は、右上の画像追加欄の「参照」ボタンまたは、「画像専用管理画面より画像を追加」ボタンから挿入することができます。

htmlソースを利用する場合

HP作成ソフト等で作成したhtmlソースをそのまま利用する場合は、下記のように「HTMLのソースを編集」ボタンをクリックしてください。

[HTMLのソースエディタ]が表示されますので、こちらに貼り付けていただき、「更新」ボタンをクリックしてください。

マルチパート形式で作成する
マルチパート形式とは

マルチパート形式は、テキスト形式とHTML形式のメールを同時に送信する形式となります。
メーラー設定でHTML形式メールを表示できない設定にしている場合などに、テキスト形式のメールを表示させる場合などに有効です。

[メール形式][マルチパート形式]を選択してください。
マルチパート形式を選択した場合は、上記でも説明した、テキスト形式用の入力欄とHTML形式用の入力欄がどちらも表示されます。
下部のHTML形式のメールは、画像追加、htmlタグの挿入が可能です。

テンプレートを利用する場合 ※メールテンプレートについて

メールマガジン過去の購入者向けマルチパート形式で作成したテンプレートが[メールテンプレート]の選択リストに表示されます。
利用するテンプレートを選択し「読み込む」ボタンをクリックしてください。

テンプレートを利用しない場合

テンプレートを利用しない場合は、[件名][本文]を入力してください。
HTML形式の画像は、右上の画像追加欄の「参照」ボタンまたは、「画像専用管理画面より画像を追加」ボタンから挿入することができます。

STEP4

[配信日時]を選択してください。
[今すぐ]/[予約配信]が可能です。
設定内容を確認のうえ、すぐに配信する場合は、[今すぐ]を選択してください。
設定した日時に配信する場合は、[予約配信]を選択し、日時を設定してください。
下書きとして保存する場合は、 [下書き]を選択してください。

テストメールを送信する場合は、「担当者にテストメールを配信する」ボタンをクリックしてください。
担当者宛にメールが送信されます。
[今すぐ] を選択して「配信する」ボタンをクリックすると確認ダイアログが表示され、
OKを選択すると、配信します。
[予約配信] を選択して「配信する」ボタンをクリックすると予約になります。
[下書き] を選択して「配信する」ボタンをクリックすると配信されず保存となります。

STEP5

送信したメールマガジンは、[メールマガジン設定画面]に一覧で表示されます。
配信日時が[今すぐ]の場合は、即時配信されます。
予約の場合は、一覧に[予約:予約中]と表示されます。
また、予約の場合、送信後には、[予約:送信済み]と表示されます。

状態 配信日の表示
下書き 下書き
予約中 [予約:予約中]と配信予約日時
予約配信後 [予約:送信済み]と配信日時
今すぐ 配信時間帯
予約の解除
  • 予約を解除する場合は、予約中のメルマガを「削除する」ボタンから削除してください。
予約の編集
  • 予約日時が1時間を切っていない場合
    編集が可能です。 編集したい場合は、一覧の「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。
  • 予約日時が1時間を切っている場合
    編集はできません。別途作成し不要なメールマガジンを削除して対応してください。

    例)予約日時を1月1日14時と設置している場合
      1月1日12時59分までなら編集可能
      1月1日13時0分から編集不可

一覧には、メール形式によってアイコン画像が表示されます。
内容を確認する場合は、操作欄の「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。
削除する場合は、一括チェックを利用ください。一番左列に「選択」欄がございます。
チェックボックスにチェックを入れ(※削除ボタン)をクリックして下さい。

処理について

各設定処理は、ページ単位となります。1ページ目で5件選択、2ページ目で5件選択し2ページ目でアイコンをクリックした場合、処理されるのは、2ページ目の5件のみとなります。
1ページ目のチェック項目については、チェック状態が維持されます。

Shiftキーを使った複数選択

キーボードの「Shiftキー」を押した状態で選択すると複数チェック、解除することができます。
1番上のチェックボックスをチェック「shiftキー」を押しながら、4番目のチェックボックスをチェックすると。1~4番目全てにチェックが入ります。

チェック項目の引き継ぎと解除について

▼チェック項目が引き継がれる
・ページ送りにてページを移動した場合
「内容変更」 ボタンから内容変更し「メールマガジン設定画面へ戻る」で戻った場合

チェック項目が解除されるタイミング
[選択解除ボタン]をクリックした場合
他のページへ遷移した場合
※ブラウザの戻るで戻った場合、解除される場合があります。

「3件選択」部分が現在選択されているリンク数となります。
「3件選択」のメールマガジンまたは、ヘッダーの[選択ボタン]をクリックすると現在選択中のメールマガジンを絞り込んで表示することができます。
選択のみ表示の場合は、ページ送りはせず、全ページの選択しているメールマガジンが1ページで表示します。
再度、クリックすると全表示に戻すことができます。