Home > 最新情報 > メールサーバの CatchAll の機能を停止します

メールサーバの CatchAll の機能を停止します

2019年10月23日(水)より、おちゃのこネットのメールサーバにおいて CatchAll(キャッチオール)の機能を停止させていただきます。

CatchAll とは存在しないメールアカウント宛のメールを特定のメールアカウント宛に転送する機能です。
主に悪意のない宛先間違いなどのメールも受信するための機能ですが、同時に宛先をデタラメに指定して送信してくる迷惑メールなども受信することになります。

実際には CatchAll を意図せず設定してしまい大量の迷惑メールを受信することになったり、転送先のメールアカウントが迷惑メールで溢れて他のメールが受信できなくなるなどの例が多く見受けられ、またメールサーバの負荷の一因にもなっておりました。
このため、弊社では以前より CatchAll 使用されないことをおすすめしておりましたが、この度 CatchAll の機能自体を停止させていただくことにいたしました。

2019年10月23日(水)より、現在設定されている CatchAll の設定はすべて無効となります。
これ以降は存在しないメールアカウント宛のメールはエラーとなり、送信元にエラーメールが返ることになります。また、メールアドレス作成画面での CatchAll 設定も非表示となり変更はできなくなります。

現在 CatchAll を使って受信されていますと、そのメールが受信できなくなりますので、その場合は個別のメールアカウントを作成し、そちらで受信するようにしてください。
快適なご利用環境実現のための措置ですので、ご了承お願いいたします。

--------
[追記]: 10月13日(水)に全アカウントの CatchAll 設定を無効にいたしました。