> > プレスリリース詳細
報道関係者各位
掲載日:2009年1月8日
おちゃのこネット株式会社

「おちゃのこネット」がTradeSafe社の
「トラストマークサービス」に対応

■概 要

このたび、おちゃのこネット株式会社(神戸市:代表取締役 有本 雅哉)と株式会社 TradeSafe(東京都千代田区)が事業提携し、提供するネットショップ開業サービスの「おちゃのこ ネット」(http://www.ocnk.net/)にてEC補償サービス「トラストマークサービス」の提供を 2009年1月8日より開始しました。

■TradeSafe社のご紹介

TradeSafe社は、”Trust & Safety”ソリューションをEC市場に提供する日本で唯一の企業として、EC市場における信用秩序の維持及び構築支援・消費者保護・そしてEC市場での商取引の円滑化を目的に、下記三つのサービスを提供しています。
http://www.tradesafe.co.jp/

  1. トラストマークサービス(安心取引マークの付与)
    TradeSafe社独自の基準に基づいてネットショップを審査し、健全な取引が可能と認定したECショップにTradeSafeトラストマークを付与します。これにより、消費者はトラス トマークのあるECショップではその規模に関わらず、安心して取引する事ができます。
  2. ADRサービス(トラブル解決サポート)
    TradeSafe社の認定を受けたECショップと消費者の間に万が一問題が生じ、それが当事者間で解決できなかった場合に、紛争を裁判所に持ち込まずに中立的な第三者である有限責任中間法人ECネットワーク(※)がADR(Alternative Dispute Resolution:裁判外紛争解決)を支援します。裁判よりも短期・低額での紛争解決が可能です。

    ※有限責任中間法人ECネットワーク:経済産業省の委託によるADR実証実験(2003〜 2006年)の成果をもとに設立された非営利法人です。豊富なトラブル解決経験に基づき、ECショップと顧客との紛争解決のお手伝いをしています。

  3. あんしん補償サービス
    TradeSafe社トラストマークの付いた会員ネットショップを通じて補償対象商品を購入し、代金を支払ったにも関わらず正当な理由なく購入した商品が一切送られない場合、規定の要件により10万円までのお見舞い金をお支払いします。

TradeSafe社は、2007年11月に日本の民間企業として初めてATA(アジアパシフィックトラストマーク連携協定)に正式加盟しました。ATAは、日本・アメリカ・メキシコ・シンガポール・台湾・韓国等各国からなる、アジア・太平洋各国のトラストマーク付与事業者間の国際連携です。

<トラストマークサービス料金体系(PCのみ)>
 ●予備審査料:本審査料:無料
 ●登録料:26,250円(税込)
 ●会費(固定):7,350円(税込)

■「おちゃのこネット」とは

おちゃのこネットは、16,000店舗以上で利用されているネットショップ開業ASPサービスです。
月額利用料わずか500円(税別)、登録商品点数は5,000アイテム、しかも売上手数料は一切不要です。
デザインテンプレートはパソコン版・スマートフォン版・携帯版合わせて約400種類ご用意しています。
また、スタイルシートにも対応していますので、自由にデザインを編集いただけます。
専用のサーバやドメイン取得のための手続きは一切要りません。(独自ドメインでの利用も可能です)
URL:http://www.ocnk.net/