> > ショップ事例バックナンバー
PLOT

・貴ショップを自己紹介ください。

長崎のセレクトショップPLOTです。

主に国内のメンズブランドをセレクトしています。

[取扱ブランド]

■wackomaria

■old joe & co

■markaware

■marka

■sasquatchfabrix

■eototo

■bankrobber

■numero uno

■labrat

PLOT取扱のブランドは、どのブランドもMADE IN JAPANに拘ったブランドで、良質なウエアーのみを生産しています。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

知り合いのショップの方がおちゃのこネットを初めていて、経費もほとんどかからないから、気軽なかんじで出来ると言う事を教えてくれました。

ネットショッピングには少し興味があったのですが、知識も無く、とても費用が掛かるものだと思っていたので、自分の店はネットショップなんて無理だろうと思っていたので、おちゃのこネットを教えてもらえてのは、とてもラッキーでした。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

基本、店頭でお客様を接客するような思いで商品掲載を心がけています。

ネットのお客様はアイテムを手に取って見たり、試着などが出来ないので、なるべく、スタッフが着用した写真を掲載して、アイテムのシルエットなどが少しでも詳しく解る様にしたり、生地の感じが解る様にズームで生地を撮影したりしています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

ブログを毎日更新しています。

その中で、日々の出来事や新作のアイテム、スタイリングなどを紹介しています。

入荷連絡のメールなども新作が入荷した時に配信しています。

PLOT
ショップ写真

スタッフコメント

国内メンズブランドのセレクトショップとのことですが、サイトの最大の特徴は「親しみやすさ」でしょう。スタッフのみなさんがモデルになっているため、何とも言えない親近感が生じています。

プロのモデルやトルソーの着用写真だと、「どうせ自分が着れば、こんなに格好良くは見えないだろうな」とあきらめの気持ちが湧いてくるものですが、自分からそれほど遠くない人がモデルだと、写真の見方も変わってきます。

各ブランドのページに行くと、「デザイナ-」「ブランドヒストリー」「ブランドコンセプト」といった解説がわかりやすくまとめられています。すべてのお客さんがマニアックな方ばかりではないでしょうから、こういう情報は参考になるはず。

各ブランドを横断して商品を探せる「ITEM LIST」も、とても便利です。「格好いいTシャツを探したい」といったニーズに合った機能です。用がなくても、つい見入ってしまうのは、リアル店舗のウインドウショッピングに似た行動かもしれません。

おすすめのアイテムは、外部ブログを利用した「STYLE PHOTO」で紹介されています。大きな写真が並んでいるので、ここからショップのリコメンドをキャッチするお客さんもいるのではないでしょうか。

それとは別にスタッフブログもあって、こちらは「PLOG」という名称です。スタッフのみなさんが交代で執筆されているらしく、お店の舞台裏が垣間見える、ほほえましいコンテンツとなっています。

細分化が進むニーズに対するアンチテーゼとして、セレクトショップはこれからますます増加していくでしょう。その中で成功を収めるためには、ファンであるお客さんの囲い込みが重要ですが、PLOT様のやり方はその一つの方向であると感じました。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。