> > ショップ事例バックナンバー
LUCK*CHUCK

・貴ショップを自己紹介ください。

ベビー、キッズ向けの「お名前入り」グッズの専門店です。 Tシャツ、よだれかけ、トートバッグ、バスタオル等にお名前やお誕生日などをプリン トし、世界でひとつだけのグッズが作れます。

・イチオシの商品を教えて下さい!

なんと言っても今注目されている「今治タオル」で作ったお名前入りバスタオルです。外国製のタオルとは全く違い、吸水性の高さ、乾きやすさ、そして肌触りのなめらかさは、さすが今治製です。

そんな高級タオルに、お名前だけでなく、メジャーをプリントし、出生身長の場所にマーキングしたデザインとなっておりますので赤ちゃんをタオルの上に寝かせただけで、成長の様子が一目瞭然となり、実用性だけでなく、記念品としても価値の高い商品となっています。

また、時計が大きくデザインされたTシャツやロンパース(赤ちゃん用つなぎ)は 実は出生時間を指しているというもので、ぱっと見ではわからない世界で1枚の「名前入り」なデザインに大変ご好評いただいております。

お名前入りのTシャツを扱うお店は多々ございますが、当店では有名セレクショップ等でのアパレルデザインを行っていたデザイナーがデザインしていますので、デザイ ン性の高さは他店とは異なると思います。

商品であるTシャツやタオルに致しましても、素材はもちろんのこと、すべて最高品質でのプリントを行っておりますので、すぐにお洋服を汚してしまうベビー、キッズちゃんでも安心して何度でもお洗濯していただけるよう品質にこだわりました。

また、商品タグやラッピング等にすべて「LUCK*CHUCK」ロゴをプリントし、ブランドイメージを高め、品質やクオリティの高さをアピール出来ればと思っています。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

もともとフリーランスのデザイナーをしていましたが、出産を機に休職しておりました。

そんなときに、出産祝いに手書きで子供の名前が描かれたTシャツをいただき、「子供の名前がブランド名になったような商品があったらうれしい!」と思ったのが商品アイディアのきっかけです。

また、知人に紹介された「かわさき起業家オーディション」にて「起業家大賞」を受賞できたのも、ショップを立ち上げる大きなきっかけとなりました。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

まだまだ至らない点が多いのですが・・・ 扱っている商品がベビー、キッズ向けなので、出来る限りわかりやすく、また、明るくポップなイメージで、見ているだけでも楽しめるお店作りを心がけています。

また、現在大変多くのご注文をいただいており、ご返信をお待たせすることが多く、反省しきりなのですが、お客様からのお問い合わせへのご返信には、誠心誠意おこたえさせていただく努力をしています。

たとえば、「ゆうき」くんのアルファベット表記についてのお問い合わせへのご返信も、いくつかの例を挙げて、ご希望の方へはデザインイメージデータをお送りしてお選びいただくなどしています。

また、納品書へは手書きのメッセージを添えるようにしています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

SEO対策は心がけておりますが、ほとんどのお客様がリピーター、もしくは口コミ等でご紹介いただいたお客様ですので、お客様ひとりひとりを大切にご対応することが、次のお客様へのつながりと思っております。

(まだまだなんですけれど・・・汗)

LUCK*CHUCK
ショップ写真

スタッフコメント

何も説明されなくても、トップページ上の写真を見れば、このショップの魅力がわかります。「ああ、赤ちゃんの出産祝いにプレゼントしたら喜ばれそうだな。ブックマークしておかなくちゃ」というお客様のひとりごとが聞こえてきそうです。

ただ名前が入るだけでなく、出生時間、身長・体重まで入ったバスタオル。品質で定評のある今治製で、さらに成長の目安になるメジャーがプリントされている…アイデアいっぱい、夢一杯の記念品ですね。

出生時間などの詳しいことがわからない、あるいは先方の気に入るデザインを選ぶ自信がないなどの場合は、ラッピング仕様の「バスタオルお仕立て券」もあります。32種類のデザインが掲載されたカタログもついているので、安心してプレゼントに使えます。

バスタオルのほかにも、ロンパースやバッグ、よだれかけなどの名入れグッズがあります。豪華にしたければ、それらの商品を組み合わせるだけ。もっとたくさんセット組商品がトップページにあってもいいかと思いました。

「お客さま写真館」は、ここの商品と赤ちゃんのフォトアルバム。喜んでいただいたお客さまの声も載せられていて、眺めているだけでも心が和みます。写真を何点も組み合わせたり、動画も取り入れたりすると、もっと楽しめるコーナーになりそうです。

「もっと赤ちゃんと商品を組み合わせた写真が見たいなあ」と思いましたが、そういう写真はプロでも大変。でも、育児雑誌などとタイアップすれば、費用をかけずに撮影できるかもしれません。そのためには、プレスリリースなどでメディアとの距離を縮めておくといいでしょう。

知り合いに赤ちゃんが生まれたらすぐに利用したい、楽しいショップでした。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。