> > ショップ事例バックナンバー
ワークアップ(株)

・貴ショップを自己紹介ください。

ダイレクトメールや商品の陳列、ラッピングで使用するOPP袋(別名:透明封筒、クリスタルパック)を取り扱っております。

・イチオシの商品を教えて下さい!

DMにお使いのA4用のOPP袋は良く売れております。

中身や用途に合わせて、A4サイズだけで14種類ものOPP袋を扱っており、細かいニーズにお応えできるのが強みです。

http://www.fukuro.in/product-group/4

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か

圧倒的な激安価格です。おちゃのこネットを使ったネット通販だからこそ、低価格での販売が可能となっています。

大手ショッピングモールに出店していたら、ここまでの低価格は実現できないでしょう。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

3年前までは訪問営業を中心に行っておりましたが、あまりに効率が悪いので、ネット販売に絞り込むことにしました。

今では無駄な営業活動がなくなり、合理化とコストダウンが達成できました。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

お客様にとって"わかり易いサイト"の構築です。

お客様から操作方法について度々問合せが来るようでは失格だと思います。直覚的に操作ができるようなサイトを目指しています。

その点、おちゃのこネットのシステムは分かりやすいとお客様から好評です。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

SEO対策、オーバーチュア、アドワーズなど基本的なことはやっています。

しかし集客しても売れないと意味がありません。

ホームページの中身の充実が一番大切だと思います。

ワークアップ(株)
ショップ写真

スタッフコメント

ネットショップの売上げは、B to CよりもB to Bのほうが圧倒的に大きく、その差は縮まりつつあるものの、現在のところで約20対1の割合です。なぜそうなのかといえば、部品や資材の調達というサプライチェーンに組み込まれているためで、今後10年間くらいはB to Cの優位が続くと見られています。

ワークアップ様のショップも、ぱっと見た印象ではB to Bがメインのようです。B to Bサイトの特徴は、実質本意であることと専門用語が飛び交っていることですが、「OPP袋」や「CPP袋」といった言葉にその片鱗が感じられます。

OPPとは「2軸延伸ポリプロピレン」、CPPとは「無延伸ポリプロピレン」の略で、どちらもポリプロピレンフィルムとしての光沢性、透明度、印刷発色の良さ、引っ張り強さなどの特徴は共通ですが、OPPはフィルムが硬く腰があり、CPPはフィルムが柔らかいといった違いがあります。

ワークアップ様のトップページを見ていて気づくのは、「動き」があることです。静止画である写真を何枚か入れ替えて見せることによって、動画のような効果を出したり、文字が点滅したりといった動きがあるために、反射的にクリックしてしまいます。

ユニークなのは無料のサンプルセットが存在すること。請求ボタンを押すと、くわしいコンタクトシートが登場し、潜在顧客の情報を吸い上げることができるようになっています。この機能を利用して、東日本大震災の被災者に向けた支援事業が実施されています。これは「被災地支援マスク」の10枚入りを無料で提供するもので、送料も無料。お一人様1回1セットという制限がついていますが、被災地に知り合いや親戚のある人にとっては便利な施策です。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。