> > ショップ事例バックナンバー
HEDGEHOG STUDIO

・貴ショップを自己紹介ください。

・何を扱っておられるショップか

主にベアリングを中心とした釣り用品のチューニングパーツを扱っています。 基本的には自社で製作したオリジナルパーツがメインです。

・イチオシの商品を教えて下さい!

やはりベアリングですね。

このベアリングというものは、それこそホームセンターでもどこでも購入できるものですが、 弊社のベアリングは素材や製法に吟味を重ね最高の品質のものを提供しています。

市場価格より高価ですが、「良いものが欲しい」というユーザー様の声にお答えするために、製品品質については厳しくチェックしています。

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か

こういった工業製品は価格はピンキリで、似たようなものでも、中国製など海外でつくられたものになればものすごく安いものもあります。

しかし弊社ではあえて日本製にこだわり、日本の技術力の高さを皆様にお届けしたいと思っています。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

業種は若干異なりますが、前職でネットショップの運営を担当していたので比較的導入はスムーズでした。

最近は携帯端末向けサイトにも力を入れはじめています。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

たぶん最初に弊社のショップを見た方は、「何を売っているお店なんだろう?」と思うと思います。

釣りをやっている人から見ても、何屋なのかよく分からないということも多いんです。

弊社の商品の魅力をお客様に分かりやすく理解していただけるように、毎日改善しています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

釣り人が集まるポータルサイトなどにバナー広告を乗せています。

HEDGEHOG STUDIO
ショップ写真

スタッフコメント

またまたマニアックなお店が登場しました。とはいっても「釣り」はホビーの中では横綱級の人口を持つ趣味ですから、かなり裾野の広いお店と考えることができます。ちなみに社会経済生産性本部編の『レジャー白書』によれば、日本の釣り人口はおよそ1300万人。総人口の11.7%を占め、男性は40代が、女性は10代が中心年代です。

ヘッジホッグスタジオ様の主力商品は「ベアリング」。手持ちのリールにベアリングを付加したり、交換したりすることで、普及品を高級品の性能に引き上げるためのパーツです。ラインローラー、ウォームシャフト、ハンドルノブ、スプール軸受け、スプール、ローターナットなど、ベアリングを付加あるいは交換できるところはかなりあります。

ベアリングチューンがなぜいいかというと、わずかなテンションでも回転するようになるため、巻き上げが軽くなる、遠くまで飛ばせるようになる、精密なコントロールが可能になるなどの利点があります。

興味深かったのは、お客様アンケートにメーカー担当者からのコメントがついていること。この部分だけをまとめて読むと、さまざまな人たちの釣りにかける情熱と、メーカー担当者の真面目な対応がわかって、勉強になります。

スタッフブログでは、製品のアップ写真がいろいろな角度で掲載されていて、商品ページとはまた違った味を出しています。こういう差の付け方はおもしろいですね。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。