> > ショップ事例バックナンバー
パンの包装工場

貴ショップを自己紹介ください。

パン屋さん向け包装資材を取り扱っています。

最近では自社商品の開発を進めています。独自の規格シールや、他で取り扱いのない規格品を多数・製造在庫しています。

ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

弊社は40年ほど歴史がありますが5年前まで、下請けに徹しておりました。

景気の低迷により売り上げの減少は勿論、加工賃金の値引き、原材料の高騰を商品代金に転嫁できず非常に苦しい状態が続いておりました。

地元へのUSERさまへ直接販売、営業することはできず、必ず代理店を通すという大きな壁がございました。

ですので、思い切ってネット販売すれば石川県の壁を越えて他県に販売にいける!そう思ったことがネットショップを始めるきっかけでした。

ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

◆こんなショップがあったんだ!!っていう感動を一目みたときに抱いていただけるかどうか。

◆なるべく解りやすく、記入しています。金額は?注文方法は?納期は?などなど、お客様が不安にならずにスムーズな流れ、違和感のない流れを作ることを意識しています。

集客のために、どういう手法を取っておられますか?

定期的に月に一度は、バナーの張り替えなどなるべく頻繁に更新する。

アクセス解析にて、意図しないキーワードで来店されるお客様が当初多くございましたので、そういったキーワードでお客様をお迎えする専門ページをつくるなど、来店が多い検索キーワードと、実際のページ構成は意識しています。

パンの包装工場
ショップ写真

スタッフコメント

EC仙人こと太田師匠が喜んでおられるように、「ダメ出し!道場」での指摘を改善されたショップさんです。アクセスも売上も向上したとのこと、おめでとうございます。

力を入れておられる「初めてご利用のお客様」への説明もわかりやすく、たとえば印刷の素人でも、使える色数やデザインの制約がすぐに理解できるようになっています。

驚いたのは多岐にわたる商品アイテム数で、「パン屋さんを開業するのに、こんなにたくさんの資材が必要なのか」と、呆然としてしまいます。どんな商売でも、やってみると思わぬ苦労があるということですね。

パン屋さんの開店時に必要な包装資材は、金額にして15〜60万円とか。どんな種類のものをどれくらい用意すればいいかというコンサル的な対応もしてくれるので安心です。

サイトづくりのご苦労が見えるのが、商品写真。透明素材が多いため、形状の特徴などを見せるのは難しいのでしょう。イラストと組み合わせれば、もう少しわかりやすくなりそうです。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。