> > ショップ事例バックナンバー
ともや手工芸

・貴ショップを自己紹介ください。

ともや手芸店です。創業昭和27年。商店街の中で生地を中心に洋裁材料・手芸材料・ボタン・裏地・芯地・毛糸・ミシン販売修理・洋服のリフォーム・ネーム刺繍・穴かがり・学生服・体操服を取り扱っています。

・何を扱っておられるショップか

主にコットン生地をネットでは販売しています。

30cm以上10cm単位で販売していますので細かいです。

・イチオシの商品を教えて下さい!

ラミネートの生地がはやっています。

テーブルカバーのようなビニールをコーティングした生地です。

エコバックやお財布などを作っているようです。

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か…etc.

手作りの楽しさ実用性です。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

父の代から地元の商店街で店舗を構え、昔はよく流行っていたのですが時代の流れで商店街には人が来なくなり、大型店もでき、また同業の大型専門チェーン店もでき、ますますお客様が来なくなりました。制服やミシン・ネームなど関連商品を増やしていったのですがじり貧状態でした。

問屋さんから何度も「ネットを始めなさい」と言われ続け、自分ではパソコンは趣味で使っていたのですが、「ネットなんかで売れないだろう」と思い2~3年先延ばしにしていました。たまたまオークションで店では絶対に売れない売れ残りの古い生地が、それも高い値段で売れ、それに気を良くして徐々に出品数を増やして、今日に至っています。おちゃのこネットさんは、地元の公の方から紹介され月会費がお安いのと簡単にHPができそうと思い加盟させていただきました。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

*お店と違ってお客様の顔が見えないので丁寧に接すること。

*素早い対応を心掛けています。

*売れ筋を切らさないよう。

*新商品をどんどん紹介していく。

*在庫管理(オークションと店でも販売しているので、HPに在庫があっても実際にはないこともあります。)

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

*商品アイテム数を増やす。

*売れそうな商品の開拓

*作品の紹介

ともや手工芸
ショップ写真

スタッフコメント

トップページのアイキャッチ・ビジュアルは、抜けるような青空をバックにしたロッジ風の木造家屋と、コットンの布地。空の部分に白抜きで店名が記されていますが、この書体がハンドクラフトにとてもマッチしています。

さまざまな生地を30cm以上10cm単位で販売しているそうですが、考えただけでも絵に描いたような「少量多品種」ビジネスであることが想像できます。つまり、ネットショップに合うロングテール商材だというわけです。

ともや手芸店様は昭和27年の創業ですから、この道ひとすじ60年。今年で還暦を迎えるお店ということになります。その歴史と伝統があってのことか、店名で検索するとGoogleの1ページ目は全部このお店で、トップはおちゃのこのショップが表示されます。

トップページのメニューは、左カラムが「商品カテゴリー一覧」、中央が「お買い得商品」「おすすめ商品」「定番商品」といったタイプ別メニュー、右が新商品の紹介となっています。

中央下部のボタンからはお店のブログにリンクされており、FC2ブログを利用した「ともや・お店情報」が表示されます。大きな写真を使った作品が紹介されていて楽しいのですが、ここ1カ月ほどは更新が止まっているようです。(FC2は1カ月更新がないとトップに広告が表示されてしまうので…)

「ご利用案内」では、お買い物の流れが丁寧に説明されているほか、ものすごくきめ細かい送料の一覧が掲載されています。このあたり、お客様に対する温かい心づかいが感じられました。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。