> > ショップ事例バックナンバー
トレジャートイズ

・貴ショップを自己紹介ください。

・何を扱っておられるショップか

1/6サイズを中心とした映画系アクションフィギュア、および同関連アイテム

・イチオシの商品を教えて下さい!

世界から集めてきたオリジナル、ハンドメイド、絶版品のアクションフィギュア

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か…etc.

他では手に入らない、入りにくい商品の品揃え

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

フィギュアに対するマイナーなイメージを払拭し、触れられるアート作品としての1/6サイズアクションフィギュアの世界と、その幅広さを知ってもらいたいとの思いがありました。それを生業とするにあたり、開業のための資金と初動の速さを考えネットショップを選択し、開業しました。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

取り扱い商品。およびお客様からのご入金から発送まで、なるべく時間をかけないこと。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

商品レヴューを兼ねた店長日記

トレジャートイズ
ショップ写真

スタッフコメント

「フィギュア」といえば少し前まではハードなマニア向けの少量流通商品でした。しかし、いまではフィギュアということば自体も多くの人が知るようになりました。トレジャートイズ様は、そんなフィギュアを扱うお店です。

とはいっても、ここで扱うフィギュアは、映画やアニメの人気キャラクターが中心。目のやり場に困るような女体フィギュアや悪夢の産物のような化け物とは無縁です。

とくに人気映画の主役や名脇役は、とくにフィギュアに親しんでいない人でも興味深く眺められることでしょう。たとえば、クリストファー・ノーラン版のバットマン三部作でマイケル・ケインが演じた「執事アルフレッド」。このフィギュアの出来は秀逸です。売り切れなのがとても残念です。

http://treasure-toys.ocnk.net/product/855

特定の人物を模した「ヘッド」を「素体」や「ボディ」と組み合わせて人物像を作り上げるのが常道のようで、さらに小道具や背景を組み合わせると、映画の一シーンが実体化できます。おそらく、一度これをやってしまうと、「マニア道」にどっぷりハマることになるのでしょう。それはそれで、とても幸せなことと思えます。

ただし、忘れてはいけないのは、ここで扱うフィギュアは1/6スケールであること。鉄道模型のNゲージ(1/150)やプラモデルの戦闘機(1/72など)とは大きさが異なります。電車1両を再現しようとすると、3m33cmの大きさになることを覚えておかなければなりません。もっとも、バットマンみたいなお屋敷に住んでいれば別ですが。

リンクしている「トレジャートイズ日記」は、お店の公式ブログ。豊富な写真とウィットに富んだテキストで、読んで眺めるだけでも楽しくなります。ぜひ、こちらもご覧ください。

http://tretoy.blog10.fc2.com

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。