> > ショップ事例バックナンバー
パターンレーベル

・貴ショップを自己紹介ください。

洋裁をもっとおしゃれに、もっと手軽に、もっと楽しくをコンセプトとした洋裁型紙ショップです。第一線の現場で、パターンナー、そしてデザイナー経験者であるユーカが、子育てを通して、ママの視点も取り入れた子供服をデザイン。モードを意識したスタイリッシュで、簡単につくれるデザイン、更には、子供の着心地や、着させやすさ、洗濯の乾きやすさなど機能性も配慮した子供服の型紙を企画しています。

洋裁初心者の方でも作れるよう型紙は、工業用型紙(縫製工程の効率化を考慮した型紙)を一般の方にもわかりやすいように独自に開発。更にA4用紙4〜5枚にわたる説明図付きの詳しいレシピがセットになっています。

ただ単に子供服を作れるというのではなく、可愛いものに目の肥えた今のママさん達が満足できるファッションを意識したソーイングの世界を提案する、まったく新しいスタイルの型紙ショップをめざしています。

・日頃、どういう点にポイントを置いてショップ運営されていますか?

新作の開発、サイトの更新のスピードを大切にし、いつ来ても鮮度の高いショップになるよう心がけています。また、メールのやり取りや掲示板などで、ひとりひとりのお客様とのコミュニケーションも大切にしています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

主に、ブログの活用と、SEMですが、各メディアさんとのリレーションシップの向上にも努めています。その他、コンテストに応募することも広報活動の一貫と考えています。

なお、当ショップは、2005年の5月中旬にオープンしたのですが、オープン前にマガジンハウスの『Hanako』誌での”女性起業家コンテスト”に応募し、650件程の応募中、7名の中に入賞した実績もあります。

その他、NHKさんや各誌、各ネットメディアへの掲載実績もあり、実は今月も主婦と生活社さんのハンドメイドのムック本でご紹介いただくことになっています。

パターンレーベル
ショップ写真

スタッフコメント

誠に恐れ入ります。「おちゃのこさんの頑張りに負けないよう」なんて言われますと、ちょっと、こそばいですね。各種のメディアをうまくご利用になっているところも「なるほど」と思いましたが、ただ、それよりも独自性のある商品開発を心がけておられる点は見習いたいところですね。(おちゃのこ伊藤)

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。