> > ショップ事例バックナンバー
iPhone Trick Cover 販売サイト

・貴ショップを自己紹介ください。

・何を扱っておられるショップか

社内で設計・試作から量産までを一貫して行うことができる特性を活かし、自社開発した製品を製造販売しています。

・イチオシの商品を教えて下さい!

無駄にかっこいいヌンチャク系iPhoneケース『iPhone Trick Cover』 iPhoneを覆うケースと自由に回転・移動するカバーにより、ヌンチャクのように振り回すことの出来る今までにない商品です。また、画面保護や自立スタ ンドとしての実用性も兼ね備えた、多機能なiPhoneケースです。

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か…etc.

『町工場から楽しいモノづくりを Made in JAPAN』をキャッチフレーズに、日本の製造業の素晴らしさを、自分自身も楽しみながら伝えられたらと考えています。もちろん、製品を手にしていただい たお客様にも楽しんでいただけたらと思っております。

ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

日本の製造業が厳しい状況にあり、創業45年である弊社も下請けだけでなく、自社製品開発が必須と考え準備していた中のひとつがSNSで注目をいただきました。製品化するにあたっては、クラウドファンディングを利用し資金を集めました。初めてメーカーとして商品を販売すること、また動きのある製品であるため、動画を一緒に見ていただくことができる環境であることということで、まずはネットショップが相応しいと考え、昨年8月よりショップを開店いたしました。商品が認知され、売れるようになってきたので、機能の揃っているおちゃのこさんに今年の1月、引越してまいりまし た。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

他にはない商品なので、動画、写真、文章などで丁寧に説明を心がけつつ、かつ見やすいページ作りを目指しています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

月並みですが、SEO対策、自社サイトや製品専用サイト、SNSやブログ更新など。口コミも大切なので、二次的にメディア等に紹介されやすいよう にと考えています。TV、雑誌、新聞などに取上げられる前後は特に気をつけています。また、デザインフェスタなどのイベントにも出店し、直接お客様にアピールできる機会も作りました。

iPhone Trick Cover 販売サイト
ショップ写真

スタッフコメント

「動画がなかったら、どうやってこれを説明するのだろう」と考え込んでしまうくらい、動画による説明が印象的です。どんなに言葉を連ねても、トップページ左上にあるGIFアニメの数秒には勝てません。「ヌンチャクのような動き」と言っても、ヌンチャクを知らない人には何の意味もないのですから。

この商品は「ムダにカッコいい」とやや自虐的に紹介されていますが、現代社会は「ムダに○○」なものが大好きです。「ムダに元気」「ムダに歌うまい」といった表現は、決して悪口ではありません。

その背景には、効率重視のあまりムダを敵視してきた価値観への反発があるのでしょう。「ムダに○○」には、エリートコースから外れて自由に生きたいという希望が託されているのかもしれません。

「開発のきっかけ」を読んで、この商品の技が「ペン回し」や「ジッポーライターのトリック技」、「バタフライナイフのアクション」に通じるものであることに気づきました。なるほど、それらすべてが「ムダにカッコいいアクション」ですよね。ならば男の子が憧れるのは当然です。

開発メーカーである株式会社ニットー様は、1967年創業の横浜の町工場。本業はプレス金型の製作や板金加工などですが、日本の製造業の実力を思わぬ形で見せてくれました。ものづくりの最先端でがんばる企業が、「余技」で「ムダに○○」なものを作ってくれるのは、とても嬉しいことです。

http://www.nitto-i.com

iPhone Trick Cover 販売サイト様のページを見ていたら、その可能性につながるイベントへのリンクがありました。日本中のものづくりメーカーが本気で「喧嘩ゴマ」を作り、日本一を競うという「全日本製造業コマ大戦」です。こういう取り組みが盛んになれば、日本のものづくりは再び活況を取り戻すのではないでしょうか。

http://www.komataisen.com

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。