> > ショップ事例バックナンバー
Unistage

・貴ショップを自己紹介ください。

・何を扱っておられるショップか

ワーキングに関する衣類、制服、シューズ、小物類を扱っています。

作業服・防寒服・ツナギをはじめ、エステユニフォーム、飲食店ユニフォーム、医療系(スクラブ、白衣)、ホテルのベルボーイ、オフィスの事務服などあらゆる職種にお応えできます。

Tシャツ、ポロシャツ、アロハシャツ、チノパン、エプロン、キャップなど豊富なデザインとカラーが人気です。

・ イチオシの商品を教えて下さい!

空調服(くうちょうふく)は夏の大ヒット商品で今年の夏も大盛況でした。

扇風機のようなファンが2ついた作業ブルゾンは、真夏の屋外作業やエアコンの使えない職場で熱中症対策、作業効率アップとして大活躍しました。

毎年梅雨明け頃には売り切れ商品が続出しますので2014年夏の予約もすでに多数いただいております。

・最もお客様にアピールしたいのはどういう点か…etc.

他ではなかなか手に入らないような商品を多数取り扱っています。

特殊環境で働く皆さまに対応したウェアでは、火を使う職場に最適な燃えにくい難燃素材の作業服、冷凍倉庫-60℃に対応した本格防寒シリーズがあります。

お洒落なアイテムでは迷彩柄シリーズ、種類豊富なアロハシャツが人気です。

また大きいサイズに対応した作業服もあり上着は6L〜、ズボンはウエスト130cmに対応しています。

(2)ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

ユニフォーム、作業服の専門店として30年続いている会社です。

時代の流れとともに、忙しい現場で働く皆さまに24時間好きな時間にインターネットでお買い物をしていただけるようにと2005年にホームページとショッピングサイトを立ち上げました。

現在ではパソコンだけでなくスマートフォン、携帯電話からのご利用も増えています。

欲しいものがすぐに自宅に届くという利便性から、朝早く夜遅くまで働く皆さまのニーズにお応えしています。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

ご注文、お問い合わせの回答は迅速に対応しています。

発送も在庫のあるものは13時まで即日出荷し、取り寄せ商品でもほとんどの商品を翌日には出荷しています。

取り扱い商品が多いため在庫切れの商品もまれにあるのですが代替え商品をご案内してお客様のニーズにお応えできるように誠意を持って運営しています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

facebookとTwitterで常に情報発信しています。“衣”を扱う当ショップは季節、気候の情報は重要となりますので役立つ情報を提供できるように全スタッフがアンテナをはりめぐらせホットな話題をアップしています。

またメルマガではアンケートを実施して割引クーポンを配信したり、facebookでも代引手数料クーポンを配信しています。

嬉しいことにリピーターのお客様が多いのも当ショップの嬉しい点です。

Unistage
ショップ写真

スタッフコメント

制服や作業服の歴史をたどっていくと、人類の文化史が語れるほどだといわれます。たとえば洋服の起源となっている軍服ですが、古代シュメールから5000年の歴史があり、その変遷を概観するのは容易ではありません。

そして学生服もまた、ユニークな起源やさまざまな変遷をたどって現代に息づいています。セーラー服はもともとヨーロッパの海軍で採用されていた水兵の制服ですし、ブレザーは1837年に英国海軍「ブレザー号」の乗組員が、女王の観閲にあたって全員が揃って着用した上着が起源といわれます。

制服は身分や職業、所属組織などを明らかにし、着用する人の帰属意識を高めるためのものですが、作業服は多くが環境に適応するために作られています。作業服が制服の意味合いを帯びていることもよくあり、医師や調理師の白衣は機能と制服の役割が半々くらいになっています。

UniStage様は、そんな作業服とユニフォームの専門店。お医者さんの白衣はもちろんのこと、エステやスパ向けのユニフォーム、鳶の服装一式、修理工場などでおなじみのツナギ、ブラスバンドのカラフルなユニフォームなどが揃っています。

このお店で一番の話題は、上にも書かれているように爆発的な大ヒットとなった「空調服」。作業服の中にリチウムイオンバッテリーで駆動する小さな扇風機が内蔵されていて、真夏に戸外で作業する人たちなどから圧倒的な支持を受けています。あまりの人気にこの夏は完売商品が出てしまうほど。来年の夏も人気が続くでしょう。

UniStage様のサイトを見ていて楽しいのは、販売されている作業服の種類から、いろいろな職業を想像することができる点。これからの季節に必要な「防寒服」だけでも、建設・工事用、警備用、冷凍倉庫用などがあって、好奇心が刺激されます。ファッションとして選択してみても面白そうです。

「鉄筋屋さん向け」という商品ジャンルを見て、初めて「鉄筋工」または「鉄筋屋」という職業があることを知りました。建設・工事現場で鉄筋コンクリートの骨組みとなる鉄筋を組み上げる仕事のことですね。鉄筋を肩に担ぐために肩の部分が補強されている作業服を見て、なるほどと思いました。

UniStage様は「店長日記」のほか、facebookやtwitterでも情報発信をしておられ、目立つところにリンクのバナーがあります。今見たところ、facebookページの「いいね」は107でした。この記事を見て、「いいね」が増えることをお祈りします。

今回はインタビューにご協力いただき、ありがとうございました。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。