> > ショップ事例バックナンバー
文庫屋大関

・貴ショップを自己紹介ください。

文庫革という皮革伝統工芸の商品を制作販売しているサイトです。文庫革は、播州姫路で生産される姫路革とも呼ばれる真っ白な革を使用し独特な加工を施した工芸品です。その特徴は、なんと言っても柄の豊富さにあります。和から洋まで一つのアイテムで40~60の柄が揃っております。通常の実店舗では、そのすべての柄をお見せすることは、なかなかかないませんが、ネットショップではすべての柄を随時取り揃え、ゆっくりと心行くまでご覧になっていただくことが可能です。もちろん1つ1つ厳選された手作りの商品でありますので、実際にお手にとってご覧いただくことが理想なのですが、豊富な種類の柄を店員さんや他の人を気にせず、ゆっくりと選んでいただけることこそ、ネットショップならではの特徴、利点ではないかと考えております。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

まず、楽しんでいただくことです。運営というよりは、サイト構築デザインに関わることですが、当店ではたくさんの柄を取り揃えている為、いろいろなページをぐるぐる回遊していただき、楽しんでいただけるようにサイト内を作りこんであります。1時間~2時間という時間を飽きずにサクサクと楽しんでいただけるように工夫しています。そして、迅速に丁寧にということです。ご注文から納品まで、お問い合わせからご返信まで、出来る限り迅速に丁寧にわかりやすくご対応させていただくことがモットーです。弊社の文庫革をご存知の方にはもちろん、初めてお訪ねいただいた方にはとりわけ、わかりやすくご対応させていただき安心してご利用いただけますよう心がけています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

SEO的にはまだこれからですが、基本的には卸にてカタログ通販や生協のカタログへの掲載など紙媒体への掲載が多数ありますので、カタログとネットの相乗効果にてバランスをとりながら集客してゆくことを、ここ数年続けています。オーバーチュアやアドワーズなどは、これからの課題ですが店名や文庫革などの狭い範囲のキーワード登録で、知名度アップを確実に狙うことも考えています。

文庫屋大関
ショップ写真

スタッフコメント

ボクは兵庫県に住んでそろそろ半世紀近くになろうとしていますが、姫路発祥の「文庫革(ぶんこがわ)」なる伝統工芸があるとは知りませんでした。こちらは、そのユニークな皮革工芸品を、愛情を込めて製作・販売しておられるのがとてもよく伝わるショップです。

季節のオススメ商品として、「錦紗」「金唐」「花更紗」などの柄をまとめて見せてくれるところは、確かに初めてのお客さまにも判りやすいですね。フリーページを活用されて、「柄から選ぶ」「アイテムから選ぶ」とお客さまをナビゲートしているのも大いに参考にしたいところ。しかも、それぞれの画像に簡単なキャプションをつけてあるので、更に注意を引き思わずクリック!となります。

また、各商品の詳細ページでも、「同じアイテムの別の柄」「同じ柄の別アイテム」とリンクを用意されているのも、お客さまの買い気を失わせない緻密な仕掛けですね。こうした配慮は作成するには手間はかかりますが、確実にお客さまの滞留時間を長くするので、是非見習いたいです。

ところで、こうした伝統工芸が、ネットを通じて次世代に伝わっていくのは素晴らしいですね。別サイト( http://www.bunkoya.com/ )のその歴史や作業工程、そしてこれからについてのお話しには思わず引き込まれてしまいました。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。