> > ショップ事例バックナンバー
ASHIATOYA

・貴ショップを自己紹介ください。

手芸用の副資材や梱包雑貨雑貨等をデザインし、販売しています。

商品のほとんどがオリジナル商品です。

ハンドメイド作品につけるタグにおきましては、在庫が100種類を超えていますので、お客様の趣味やお好みに合わせて選んで頂けるかと思います。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

美術系の学校を卒業し結婚前はフリーのデザイナーだったのですが子供を産んでから手芸に触れ、自分で作品に縫い付けるタグをデザインするようになりました。

オークションで自分が娘のお洋服につける為にデザインしたタグをお裾分けしようと出品したのが始まりです。

いつの間にか、タグの種類が増えていきました。

「今後ショップで購入は出来ないですか?」とか「ショップがあると嬉しいのですが」という落札者様の声が想像以上に増えてしまい、勇気を出してネットショップ開店に踏み切りました。

最初は、自分がネットショップを運営するとは夢にも思わず心構えが全く出来ていませんでした。

まさかオープンしたてのネットショップにお客様がそんなに来る筈はない…と在庫を無制限に設定していたら、開店初日お客様が予想以上に多く在庫が底をついてしまい、慌てて数量設定をし徹夜で梱包しました。

まだショップを始めて2年目なので毎日が勉強です。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

世界観や空気感を大事にしたいと思っています。

自分が欲しいと思うものをデザインするようにし、国内の業者さんと何度も打ち合わせを重ねているので使い勝手や素材やクォリティなどの妥協を全くしていません。

お取り引きにつきましては、お客様一人一人と心の通い合ったお取引をしたいと思っています。

商品が届いた時にプレゼントが届いたような気分になってくれたら少しでも癒しになってくれたらと思いながら梱包しています。

その為、梱包には相当力を入れています。

出来る限りお客様の立場に立って物事を考えたいというのが信念です。

最近は、海外からの問い合わせが増えている為、クレジットカード対応にしなければならない必然性を感じております。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

集客の努力は積極的にはしていないのですが雑誌で紹介して頂いたり、当店の商品を使って下さっているハンドメイド作家様の作品が雑誌に掲載されたりしている事が集客につながっている気がします。

ASHIATOYA
ショップ写真

スタッフコメント

ショップを開店してから2年目とは思えない、落ち着いたトップページですが、それもそのはず、オーナーは元デザイナーさん。やはりネットショップにはデザインの要素が大事だと思わせてくれます。

ASHIATOYA様は手芸用のオリジナル雑貨を売っておられますので、お客様も落ち着いた雰囲気のサイトを好まれるのでしょう。大手ショッピングモールなどの派手なページを見慣れた目には、非常に新鮮に映ります。

訪問時はクリスマスイブでしたが、トップページに大きな面積をとって12月24日付のショップニュースを記されています。文字だけの情報ですが、それがかえって「読もう」という気を起こさせてくれます。手芸とは無縁の男がそう思うのですから、顧客層には有効でしょう。

特筆すべきは、トップページの右カラムにある「送料について」。「お買いあげ合計1920円以上とメール便は送料無料」とありますが、これは非常に魅力的な施策です。送料はネットショップの障害であり、お客様はとにかく送料を払いたくないものですから。

また、その上の「発送状況案内」には、「AM10:10までに入金確認分は、本日発送しました」というメッセージが示されています。注文したお客様に安心感を与えるとともに、余分な問い合わせの発生を抑える、ナイスアイデアです。慢性人手不足のネットショップにとって、こういうアイデアの積み重ねが繁盛のノウハウになるのですね。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。