> > ショップ事例バックナンバー
タイガース・ブラザース

・貴ショップを自己紹介ください。

当店は、海外インポートブランド(アパレル・シューズ)を中心に販売しているセレクトショップです。

旬なものに加え、流行に流されず、お客様に長く愛用していただけるスタンダードな商品、スタイルを提案しています。

また、ブーツ修理等アフターケアにも力を入れています。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

実店舗は30年以上の歴史があるのですが、インターネットを通じ、もっと多くの方々に当店を知っていただけたらと思ったからです。

おちゃのこネットさんには、2007年4月よりお世話になっています。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

当店をご利用いただくお客様は、洋服・ブーツの事が本当に好きでブランドに詳しい方ばかりです。

そういったお客様方に満足してお買物していただけるように、日々勉強し、お問合せにも出来るだけ丁寧にお答え出来るよう努力しています。

また、アフターケアに力を入れる事で、ネットショッピングでも安心してお買物していただけるようになりました。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

オーバーチュアを利用しています。

また基本的な事ですが、ブログ等、日々の更新を出来るだけ細かくするように心がけています。

送料無料などキャンペーンを開催する際には、メルマガも配信しています。

タイガース・ブラザース
ショップ写真

スタッフコメント

トップページを見ても、門外漢には何のお店かわかりにくかったのですが、「BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)などの海外人気ブランドを扱うセレクトショップ」という説明を見て、腑に落ちました。つまりはファッションに敏感なファンが集まるセレクトショップというわけで、少なくとも扱われているブランドを知らない人には敷居が高くて当然です。

本欄でもたびたび書いていますが、ファンやマニアを相手にするということは、ほとんどがリピーター客であることを意味します。販促活動で無理をしなくても、気に入ってさえくれれば繰り返し買ってくれますから、ショップから見れば理想的です。

しかしその半面、お客さんたちは目が肥えていて、商品知識も半端ではありません。一般の店舗より数が少ないとはいえ、ライバル店も存在しますから、いい加減な運営をしていると、さっさと見切りをつけられてしまいます。

その点、タイガース・ブラザース様は「実店舗で30年」という何物にも代えがたい財産をお持ちです。常連のお客さまも、ファンが喜ぶツボも、どの程度の商品知識が必要かということも、全部わきまえておられることでしょう。

トップページはじつにあっさりしていますが、目立つところに「送料無料キャンペーン」のバナーが置かれていて、効果的です。通販を手段としてしかとらえていないお客さまにとって、送料は邪魔者でしかありません。それが無料になるというのは、何より購買意欲を高めます。

商品知識の点では、ブログ(http://tigersbro.cocolog-nifty.com/)を併設してそちらでカバーしています。たとえば「ホワイトハウスコックス」の説明では、「斜めに打ち込まれたステッチは旧式ミシンでなければできない…(中略)…エイジングに適したブライドルレザー(馬具に使用されているひたすら頑丈な牛革)」とファン気質をあおる表現が続きます。

支払い方法は銀行振込、代引き、クレジットカード、コンビニ払いと揃っており、代引きはクレジットカードが利用できるe-コレクトです。これだけ多彩な支払い方法があれば、少なくともこの件で「カゴ落ち」することは避けられるでしょう。

実店舗のサイトは別(http://www.tigers-brothers.com/)にあり、オンラインショップへの誘導は目立つように設置されていますが、将来的にはサイトとして統合した方が有利かもしれません。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。