> > ショップ事例バックナンバー
HANDBALLFAN.COM

・貴ショップを自己紹介ください。

当店はハンドボールグッズ全般を専門的に取り扱っているショップです。

商品構成は主にハンドボールオンリーブランド“kempa”を中心とした競技者向けのものと、日本代表応援グッズや日本リーグ、日本代表のDVDなどファンの方に向けた商品の2つが柱になります。

また、日本ハンドボール協会様公認販売業者として、協会グッズを取扱いさせて頂いております。

日本協会グッズや日本代表・日本リーグのDVDを取り扱っているのは当店のみであり、そのような商品も原則翌日もしくは翌々日にはお客様にお届け可能です。

また、姉妹サイトとしてドッジボールファンバレーボールファンつなひきファンを運営しており、他競技の商品にも精通しております。

・ネットショップを始めたきっかけやこれまでの簡単な歴史をご紹介ください。

元々弊社は日本ハンドボール協会様の大会会場設営をさせて頂いており、その中での協会の方々と“グッズがないのはハンドボールだけだ”という話が発端となり、正式に日本ハンドボール協会様と契約させて頂き、サイトを立ち上げました。ハンドボーラー・ハンドボールファンの方々がより充実したハンドボールライフを送れるよう、またハンドボール界の発展に少しでも貢献できるよう取り組んでおります。

・ショップ運営には、特にどういう点にポイントを置いておられますか?

価格も殆どの商品を平時よりディスカウント価格に設定しておりますが、新商品の投入、大胆な限定セール、激レアグッズのプレゼントなど企画をどんどん押し出しお客様に飽きられない、楽しみにして頂けるよう心がけています。

・集客のために、どういう手法を取っておられますか?

SEO対策や、ちょっとした配布物にもQRコードを記載しアクセス数アップを計り、リピーターのお客様にはメルマガ限定特価など、リピーターならではのメリットをご用意しています。

HANDBALLFAN.COM
ショップ写真

スタッフコメント

「ハンドボール」と聞いて、すぐにどんなスポーツか思い出せる人は、かなりのスポーツ通でしょう。残念なことにわが国では、ハンドボールはマイナーな球技のひとつであり、オリンピックでもソウル五輪以来出場できないでいます。

しかし世界的に見るとハンドボールの人気は日本で想像するよりはるかに高く、本場であるヨーロッパではサッカーに次ぐ人気を獲得している国もあるほどです。「走る」「跳ぶ」「投げる」の三要素が揃ったスピーディな球技であるハンドボールは、バスケットボールよりもずっとボディコンタクトのシーンが多く、アイスホッケーのようにめまぐるしく選手交代があるため、ファンにとっては他に類を見ないスポーツであるといわれます。

「ハンドボールファン」様は、そんなハンドボールの魅力を支えるナンバーワン・ショップ。日本ハンドボール協会がただひとつ認めたショップで、競技者とファンの両方に向けたサービスを展開しています。スポーツ関連グッズを扱っているお店はいろいろありますが、協会公認であることと、競技者とファンの両方がお客さまであることがとてもユニークです。

トップページを拝見すると、黒を基調にしたモノトーンに、赤と黄色が効果的に配され、いかにも専門ショップといった雰囲気が出ています。「New Item」のコーナーには「警告カードストラップ」や試合のDVDといったファン向けの商品と並んで、審判用ホイッスルやトレーニング機器があり、このショップが競技者向けの顔を持っていることがよくわかります。

このショップで特筆すべきことはまだあります。それは、「掲示板」と「店長日記」、さらには「大会販売レポート」といったお客さまとの交流の場を複数持っていること。「掲示板」にはお客さまからの商品に関する質問や、販売スタッフからの情報が書き込まれ、同じスポーツを愛する人同士のコミュニティが形成されていることがわかります。

「店長日記」は店長だけでなく、販売スタッフからの書き込みも活発。ブログ形式ですが、外部ブログではなく同じドメイン内に置かれている点に、このショップの「本気」を感じさせられました。単なるマニアックなショップではなく、オーソライズされていることへの自負が見えて、好感が持てます。

※上記内容は、取材当時の内容の場合があります。最新の情報はショップページ内でご確認ください。